リンゴとさつま芋のミックスパイ


   IMG_1756.jpg


       日曜日に娘たち家族とリンゴ狩りにでかけ

         もぎ採ったリンゴは、フジ 王林 甘紅(カフォン)




    アップルパイ

       蜜入りのリンゴ(フジ)で アップルパイを作ってみました。

        わが家風にさつま芋も加えたミックスパイです。


          リンゴ一個は薄切りにして白ワイン120CCと

          砂糖大さじ2で汁気が無くなるまで煮詰め

          さつま芋は薄切りにしてから茹で

      それぞれにシナモンパウダーをふって冷ましておきます

          しっかり冷ましたらパイシートにのせて

               オーブンで焼きました。

        焼き上がりは美味しそう~甘さ控えめなので味は。。。?




         
     パイ2

        お芋とリンゴの甘さもちょうど良い出来上がりに~(^_-)-☆


     パイ

     鉢植えのワイルドストロベリー・・・添えてみました。

         寒さに向っていますが、

     日当たりのよい場所に置いてあるのでまだ収穫出来るでしょう^^♪



 

2015/11/03(火) | スィーツ | トラックバック(-) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

ヨッシィー

『リンゴとさつま芋のミックスパイ』

こんばんは、サヨさん
リンゴとさつま芋の相性は抜群ですから
間違いないミックスパイになったでしょうね
シナモンもリンゴにもさつま芋にも合うんです
焼目も丁度良いきつね色 最高の時間です

2015/11/03(火) 18:55:41 | URL | [ 編集]

サヨ

『ヨッシィーさんへ』

こんばんは。

はい^^間違いなく美味しい組み合わせでした~♪
オーブンから出したときはテンションアップしました。
甘さもちょうどよく、二人で美味しくいただきました。

2015/11/03(火) 19:29:38 | URL | [ 編集]

batabatamama

『No title』

こんばんは(*´∇`*)

パイが美味しそうです。

ムチャ食べたくなりました。
今・・スポーツ後でお腹空いています。

サヨさんはいつも料理もお菓子作りもされて画像も綺麗で
素敵ですよ。

お近くならお友達になって欲しいなと思います。
そう・・どこでもドアが欲しいです(´〜`ヾ)

2015/11/03(火) 22:25:53 | URL | [ 編集]

べにゆう

『No title』

サヨさん、こんにちは。

うわ~サヨさんてなんでもきれいにおいしそうに作れるんですね!
毎回感心しちゃいます。
りんごもミックスで、お芋も入ったパイって食べてみたいです(^-^)かわいらしいワイルドストロベリーの収穫も楽しみですね♪

2015/11/04(水) 11:45:07 | URL | [ 編集]

サヨ

『batabatamamaさんへ』

『batabatamamaさんへ』
こんにちは。

スポーツの後では甘いもの欲しくなりますね。
batabatamamaaさんはスポーツがお得意で羨ましいです~。
ワタシは運動音痴で・・・インドア派、絵を描いたり家事をしたりの日々です。


どこでもドアがあったらワタシこそお邪魔したいです^^♪~

2015/11/04(水) 15:10:19 | URL | [ 編集]

サヨ

『べにゆうさんへ』

こんにちは。

キレイに美味しそうに見えますか~ありがとうございます(^_-)-☆
リンゴとさつま芋を合わせると美味しいですよ。
あとレーズンなどプラスするとさらに美味しくなります。
ワイルドストロベリー、小粒ですが香りもよく甘酸っぱくて美味しいので
たくさん冷凍保存してジャムにします。

2015/11/04(水) 15:15:54 | URL | [ 編集]

しろくま

『No title』

さつま芋も加えたミックスパイなんですね。
美味しそう♪ 食べたいです( ^(ェ)^ )
ワイルドストロベリーを添えた画像がとってもおしゃれで素敵ですね♥

2015/11/04(水) 17:14:53 | URL | [ 編集]

サヨ

『しろくまさんへ』

こんばんは。

さつま芋とリンゴのパイ、美味しかったです。
自家製は甘さも調節できるのでいいですね。

ワイルドストロベリーの画像・・・おしゃれに見えますか~?ありがとうございます(^_-)-☆

2015/11/04(水) 18:31:45 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  |