釣行後はいつものように飲み会です。



おとうさんは釣り友さんと鮎釣りに出かけて。。。

その間に料理の準備です。


   飲み会1

じゃが芋のガレット (トッピングのチーズは、フレッシュシェーブル ナチュレです。)

切り昆布とカニカマの煮物 

さつま揚げと野菜の炊き合わせ

蒸し鶏  

焼きカボチャ 玉ねぎ ツナのサラダ。。。

鮎塩焼き

そして、鮎の塩焼き(焦げ過ぎてしまいました^_^; )

飲み物は地ビール(釣り友さんからのお土産)

赤ワイン など。。。

〆は刻み梅を混ぜ込んだおにぎり。

デザートは畑スイカ(今シーズン最後の一個です)


※本日の釣果はアユ13匹です。

2017/08/30(水) | 飲み会 | トラックバック(-) | コメント(6)

釣り友さんと飲み会



            。。。昨日の夕食。。。


        釣り友さんとの釣行後の飲み会です。

            釣果はイマイチでしたが

      釣り友さんよりいただいた地ビールとワインも美味しく

          楽しい飲み会になりました。 
             
   夕食
        サンマの缶詰で、う巻き風

         葉ネギの酢味噌和え

     里芋の衣かつぎ(藻塩をつけていただきました)

         揚げ豆腐のフキ味噌のせ

        小松菜のピーナッツ粉和え

        

      鮎のマリネ
            鮎のマリネ

        昨シーズンの鮎、冷凍保存しておいたものを

       解凍してワタを取り 片栗粉をまぶしてから揚げにし

     パセリ 玉ねぎ 人参 トマトと一緒に甘酢醤油に漬け込みました。

   


        〆は温麺の若竹汁(画像撮り忘れました)



       

    まだシーズン始まったばかりなので次の釣りに期待ですね。

      


2016/04/14(木) | 飲み会 | トラックバック(-) | コメント(0)

ワインと一緒に~☆彡

       P1060163.jpg



    2_201505261833073de.jpg


        テレビで紹介していたワインのおつまみ

     真似してみました^^    これは これは・・・白ワインと合いますね~  

       クラッカーの上に カマンベールチーズ リンゴ 

    メープルシロップを少々かけ 砕いたピスタチオをトッピングします。


      1_2015052618330794a.jpg


              ~パンサラダ~

        トーストした食パンとどっさり野菜のサラダ。  

             よく混ぜ合わせていただきます。

    。。。 主食と野菜が一つの器に。。。洗い物が少なくて済む!^^。。。




  P1060160.jpg


    パンが水っぽくならないように 粉ドレッシングを使いました。

            粉ドレ・・・便利ですねっ(^_^)v



      さて さて どうしてこのようなメニューになったかと言うと~


        おとうさんが同級生との飲み会にお出かけ


        ワタシはお留守番、ひとり飲み会しています。。。


       ☆ ~ たまにはこんな時間の過ごし方もいいですね~☆


       おとうさんは今頃 盛り上がっているんだろうなぁ~♪~


        

      



     

2015/05/26(火) | 飲み会 | トラックバック(-) | コメント(2)

食事会(竿納め会)

   昨夜は・・・お父さんの釣り友と一緒に飲み会でした。

  夜遅くまでアユ釣りや渓流釣りを熱く語って盛り上がっていました♪~

    竿納めの飲み会。。。また来年もヨロシクです。

     飲み会



   おたるワイン

   新鮮な葡萄の香りでとっても美味しいワインでした(釣り友よりのお土産)

     小樽ワインの初しぼり・・・キレイに飲んでしまいました~

  タジン鍋白菜と豚肉の蒸料理


タジン鍋で白菜蒸し。。。わが家の定番料理です。。。昆布ポン酢をかけて。。。


小鯛のささ漬け畑野菜の煮っころがし
しその実入り自然薯揚げ


   小鯛のささ漬けのにぎりです クレソンと甘酢生姜を添えています。

    畑野菜の煮っころがし・・・利尻昆布のダシが効いています。

     しその実入りの自然薯揚げ。。。と 毎度おなじみのメニューでした(^_-)-☆






   

2010/11/18(木) | 飲み会 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  |